2011年05月05日

リンパマッサージのタブー〜逆効果〜

リンパマッサージで
絶対にやってはいけない事。
それは、強く圧迫して
マッサージする事です。

リンパ管と血管の違いは、
心臓のようなポンプの役割を
果たす器官が無い事です。

血管の断続的な圧力や呼吸の運動、
筋肉を動力にしてゆっくりと動いています。

しかし、だからといって、
強い圧迫は、かえって、
リンパの流れを滞らせてしまい、
逆効果です。

洗顔同様に力をいれず、
多少物足りなさを感じるくらいに、
肌を傷つけない様にマッサージを
行う事が大事なのかもしれません。
posted by ケイコ at 13:31| リンパマッサージの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

ドレナージュを指先で行う場合

リンパの流れは、
とてもゆっくりしたものなので、
さすり方が早すぎたり、強過ぎてしまっては、
あまり効果が期待できません。

基本はどこのリンパマッサージでも同じなのですが、
ゆっくりやさしく、リラックスした状態で
行うのがベストなのです。

●片手でのドレナージュは、
広い範囲で多くのリンパ液を流す場合に使えます。

耳下から鎖骨リンパ節へなどが
オススメとなっています。

<マッサージ関連情報のご紹介>
中目黒のアロママッサージはまさにプレミアムです
疲れた日にはマッサージを受けてスッキリしましょう

●両手でのドレナージュは、
両手を互い違いに重ねて、
脚などで行われることが多いようです。

ひざ上から脚の付け根(そけい部リンパ節)
などが適しているとされています。
ラベル:ドレナージュ
posted by ケイコ at 15:56| リンパマッサージの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

ドレナージュとは

リンパマッサージでは、
ドレナージュは非常に広い範囲で使われています。

このマッサージによって、
リンパ液の流れが促進されていきますので、
全身に使うことが可能なのです。

その方法はとても簡単です。

手の平や指をその部位の肌に密着させて、
優しく、なでるようにさするだけなのです。

一つ気をつけるポイントは、
近くのリンパ節に向かってリンパ液を
流しこむようにすることがあげられます。

逆の場合だと、効果が得られませんので
注意するようにしましょう。

3回〜6回ほど、数回繰り返すことが
大切なポイントです。

<マッサージ関連情報のご紹介>
人気のマッサージ店のセラピスト求人情報
健康になるためにリンパマッサージを池袋で受けてみませんか
ラベル:ドレナージュ
posted by ケイコ at 14:32| リンパマッサージの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

ポンパージュを指先で行う場合

●4本の指を揃えてならべ、
指の腹を使って、マッサージをおこないます。

あてがった肌から指は離さずに、
ゆっくり押す感じでおこないましょう。

鎖骨(鎖骨リンパ節)のマッサージに
むいているとされています。

●両手でおこなう場合は、
両手の4本の指を第一関節まで重ねて、
リンパ管を圧迫していきます。

ひざ裏(膝窩リンパ節)におこなうと
効果的とされています。


また、そのほかのリンパ管も、
まず最初に、ポンバージュをおこなうと
いいとされています。
posted by ケイコ at 15:20| リンパマッサージの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

ボンバージュとは

ボンバージュとは、リンパ液が
渋滞している部分を解消する方法のひとつなのです。

この方法は、リンパ節の部分で、
お水のポンプを汲むように「圧迫」と「弛緩」を
繰り返しおこなうのです。

合計で5回ぐらい行えばいいでしょう。

ワン・ツー・スリーで押して、
ワン・ツー・スリーでゆっくりと戻していきます。

◆出張マッサージ情報◆
大田区の出張マッサージ店舗情報

いつでもおなじなのですが、
リンパ節を押すときには、ゆっくりと
優しく押してみましょう。

あんまり強く押してしまうと、
リンパ節が炎症を起こしてしまう場合が
あるようです。

◆京都のマッサージスクール◆
マッサージスクール 京都の情報
ラベル:ボンバージュ
posted by ケイコ at 12:56| リンパマッサージの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。